病院選びは人任せにしない。

脳脊髄液減少症で寝たきり同様になったって、 手足がしびれて動かなくなったって、 起きていられなくなったって、 私は自分で病院を探した。 探してくれる優しい家族がいなかったから。 優しい家族に甘えている人たちに言いたい。 自分で探せ、と。 たとえ、未成年の患者であっても、 もう、 携帯やスマホが操作できるなら、 自分で調べて 病院探しぐらいはできると思…

続きを読む

脳脊髄液減少症の病院、私の選び方

私だったら、 その病院のホームページに 脳脊髄液減少症の文字がない病院は選ばない。 いくら、厚生労働省のホームページに 脳脊髄液漏れのブラッドパッチ治療が 先進医療で受けられる病院だと紹介されていても、 その病院のホームページに 脳脊髄液減少症の文字も、低髄液圧症候群の文字も なにもない病院は、 それだけ 脳脊髄液減少症に関心の低い人たちのいる病院だと 私は…

続きを読む

脳脊髄液減少症の病院と医師の選び方 ①

私は どんな病気やけがもそうですが、 治りたいと思ったら 病院選びというより、医師選びが大切だと思います。 特に脳脊髄液減少症に関しては、 「病院」ではなく、「医師」だと思っています。 どんな病院か?ではなく、 どんな経験の、どんなお考えの、どんな治療をする「医師」が どこの病院にいるか? の順で考えます。 もちろん、医師だけでなく、各科の医師にも脳脊…

続きを読む

脳のDLPFCの低下で起こる痛み

脳の機能が低下すると、 一の痛みが10にも、20にも、100にも感じる。 それは 家庭問題とか進学問題とか、会社での問題とか、将来への不安とかの ストレス 脳や伝達機関の機能障害を起こすって? それはそうでしょうけど、 最初からそう決めつけないでほしい。 DLPFCの機能が低下すると、 痛みに対する不安や恐怖を抱くだけで、 脳が勘違いし、 痛みを感じてしまう…

続きを読む

脳脊髄液減少症 対応病院

厚生労働省ホームページより (平成27年12月1日 現在) 検査で脳脊髄液の漏れがあった場合、その漏れを自分の血液で止める、 「硬膜外自家血注入療法」が先進医療で受けられる病院 北海道 医療法人明日佳 札幌宮の沢脳神経外科病院 北海道 医療法人社団 函館脳神経外科病院 北海道 札幌医科大学附属病院 北海道 医療法人一仁会 南札幌脳神経外科 宮城県 独立行政法人国…

続きを読む

不眠症と睡眠時無呼吸症と脳脊髄液減少症と枕

不眠症や 睡眠時無呼吸症の影に 脳脊髄液減少症があるって、 いくら枕外来の医師でも、知らないかもね。 私の場合、 脳脊髄液減少症の症状がひどい時は、寝ていて 両手のシビレがひどくて目がさめます。 私の想像ですが、 脳脊髄液減少症で脳脊髄液が減ると、首の脊髄の周りの、 衝撃緩和剤的役割の脳脊髄液が少ないために、 脊髄が圧迫されるからかな~って思います。 そうい…

続きを読む

トリガーポイント療法と脳脊髄液減少症

脳脊髄液減少症は 脳脊髄液減少症の専門医だけでなく、 痛みの緩和ケアをする麻酔科とか、 トリガーポイント療法も含めハリ治療とか、 脳脊髄液減少症を見逃され続け、 誤診や誤解や、症状を信じてもらえず、詐病扱いされたり不登校扱いされた人の 心のケアをするカウンセラーとか精神科医とか、 吐き気や下痢、胃腸障害、高血圧や低血圧や 起立性調節障害とされるような症状などに対して内科的…

続きを読む

生活習慣から起こる症状でも

一見、 生活習慣からくる肩こりとかに見えても、 その影に、 脳脊髄液減少症が潜んでいる可能性には、 普通の医師では 気づけないだろうな~ いくら、トリガーポイント療法のスゴ腕医師でも。 ひととおりの症状を経験した患者の私には どんな症状の影に 脳脊髄液減少症が隠されているのかが、すぐわかるようになってしまった。 でも、それを言っても、信じてもらえないんだよね。…

続きを読む

脳脊髄液減少症 格差患者社会

脳脊髄液減少症になって、間もなく、 先に発信していた先輩患者のおかげで、 自ら脳脊髄液減少症に気付いて、専門医を訪れ、検査診断にたどりつけ、治療を受けられ完治する人。 脳脊髄液減少症の存在すら気付かれていない時代に 脳脊髄液減少症になり、何年も見逃され、重症化してしまう人。 そこでやっと気付いて専門医に受診しても、なかなか完治に至れない人。 不定愁訴を抱えて、あちこち医師を訪…

続きを読む