脳のDLPFCの低下で起こる痛み

脳の機能が低下すると、 一の痛みが10にも、20にも、100にも感じる。 それは 家庭問題とか進学問題とか、会社での問題とか、将来への不安とかの ストレス 脳や伝達機関の機能障害を起こすって? それはそうでしょうけど、 最初からそう決めつけないでほしい。 DLPFCの機能が低下すると、 痛みに対する不安や恐怖を抱くだけで、 脳が勘違いし、 痛みを感じてしまう…

続きを読む

不眠症と睡眠時無呼吸症と脳脊髄液減少症と枕

不眠症や 睡眠時無呼吸症の影に 脳脊髄液減少症があるって、 いくら枕外来の医師でも、知らないかもね。 私の場合、 脳脊髄液減少症の症状がひどい時は、寝ていて 両手のシビレがひどくて目がさめます。 私の想像ですが、 脳脊髄液減少症で脳脊髄液が減ると、首の脊髄の周りの、 衝撃緩和剤的役割の脳脊髄液が少ないために、 脊髄が圧迫されるからかな~って思います。 そうい…

続きを読む

双極性障害?脳脊髄液減少症じゃ?

脳脊髄液減少症になると、 まるで、 双極性障害のような症状がでます。 でも、 そんなこと、患者が気づけるはずないよね。 精神科の先生だって、 目の前に、症状訴えてくる患者の中に、 脳脊髄液減少症でそういう双極性障害みたいな症状が出てる人がいるってこと、 知らない精神科医がほとんどだと思うから。 知っているのは、 症状経験した患者と、 そういう脳脊髄液…

続きを読む

3月に第15回脳脊髄液減少症研究会があります。

平成28年3月12日(土)13日(日)開催 第15回日本脳脊髄液減少症研究会 知らない医師は、全く知らない、脳脊髄液減少症のこと。 内科、小児科、眼科、泌尿器科、内分泌代謝科、整形外科、耳鼻咽喉科、 神経内科、脳神経外科、精神科、歯科、 ありとあらゆる科にかかわる症状がでます。 ありとあらゆる、医療福祉分野の専門家の方々に、 脳脊髄液減少症について学んで、 それぞれの…

続きを読む