脳脊髄液減少症の先輩患者の私からあなたへ

昨日の朝のテレビで 高校女子サッカーの 脳脊髄液減少症の選手が出ていた。 ありがとうとこのブログで伝えたけど、 少し心配なことがある。 それは、 これからも、 中学生も高校生も大人も、 柔道や、サッカーや ラグビーや スポーツなんでも、 昨日まで元気だった人が、 ある日突然のスポーツの怪我で 脳脊髄液減少症を発症してしまう可能性が 誰にもあること。 …

続きを読む

慢性疲労症候群と診断されている患者さんへ

繰り返し伝えていますが、 知っていますか? 脳脊髄液が減ると、耐えがたい、日常生活もできないほどの 激しい疲労感が出ることを。 もし、あなたが脳脊髄液減少症かどうかの検査も受けずして、 慢性疲労症候群との医師の診断を鵜呑みにすることは、 非常に危険だと思います。 なぜなら、 もしあなたの体から髄液が漏れ続けたり、髄液が少ない状態が続いてしまうなら、 さらに あなた…

続きを読む

昨日朝、テレビに出てくれた患者さんへ

昨日の早朝、 偶然見ていたテレビで 脳脊髄液減少症についてとりあげられた。 出てくれた高校女子サッカー選手さん ありがとうね。 私の地域では早朝だったから、 見ていた人は少なかったかもしれないけれど、 かかりつけの病院の看護師さんが見てくださったみたいで、 テレビでやってたってねと 話していました。 実名、顔出しで取材を受けて 脳脊髄液減少症について、 話…

続きを読む

トリガーポイント療法と脳脊髄液減少症

脳脊髄液減少症は 脳脊髄液減少症の専門医だけでなく、 痛みの緩和ケアをする麻酔科とか、 トリガーポイント療法も含めハリ治療とか、 脳脊髄液減少症を見逃され続け、 誤診や誤解や、症状を信じてもらえず、詐病扱いされたり不登校扱いされた人の 心のケアをするカウンセラーとか精神科医とか、 吐き気や下痢、胃腸障害、高血圧や低血圧や 起立性調節障害とされるような症状などに対して内科的…

続きを読む